インターネット診療予約

シャドウ

シャドウ

シャドウ

シャドウ

歯科タウン

入れ歯治療

歯を失ってしまった場合の治療として、昔からポピュラーなのが入れ歯です。インプラントに比べ、手軽に治療できるというメリットがある一方、「ズレる」「もたつく」「咬みにくい」といった不満も生まれがちです。 しかし近年は、このようなデメリットを解消した新しい入れ歯が開発されています。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯治療を受ける際には、次のメリットとデメリットをふまえたうえで、自分に合った入れ歯を選択しましょう。

メリット
  • 治療費を抑えられる
  • インプラントのように手術をする必要がない
  • 治療期間が短い
  • 取り外しできるため、お手入れがしやすい
デメリット
  • 保険診療の入れ歯の場合、見た目が目立つ
  • 保険診療の入れ歯の場合、硬いものが咬みにくい
  • 咬む力が顎の骨に伝わらないため、骨がやせやすい

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用できるものと、自費になるものがあります。その違いは次のとおりです。

保険入れ歯 自費入れ歯
メリット
  • 製作期間が短い
  • 費用を抑えられる
  • 簡単に修理できる
デメリット
  • 床部分の素材がレジンに限られる
  • 色調などの調整ができない
メリット
  • 使用できる素材に制限がない
  • 見た目やフィット感、咬み心地に優れている
デメリット
  • 製作期間が比較的長い
  • 費用が高額になる

すずき歯科クリニックの入れ歯治療

当院では患者様の口腔内の状態やご希望に適した入れ歯をご提供できるよう、保険・自費を問わず、さまざまな種類の入れ歯を取り扱っています。

保険診療の入れ歯

レジン床義歯

床部分がレジンでできた入れ歯です。床が厚いため、装着時の違和感や食べ物の温度が伝わりにくいといったデメリットがあります。しかし、保険適用なので治療費を抑えられ、製作期間も短く済みます。

自費診療の入れ歯

金属床義歯

床部分が金属でできた入れ歯。床を薄くつくることができるため、装着時の違和感を軽減できます。また熱伝導率が高いため、食べ物の温度を感じやすく、食事をおいしくとることができます。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯につきもののバネをなくした入れ歯。まわりの健康な歯に負担がかかりません。また、歯ぐき部分に軽くて弾力性のある樹脂を用いているためフィット感に優れ、見た目にも目立ちにくいのがメリットです。

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯の内側に小さな磁石を取りつけ、磁力によって入れ歯を固定します。これによって入れ歯の「ズレ」や「もたつき」がなくなり、食べ物をしっかり咬むことができます。

シリコンデンチャー

床部分にシリコンを用いた入れ歯。シリコンは弾力や吸着力に優れているためぴったりフィットし、食べ物をしっかり咬むことができます。